GPS on the picture

写真をGoogle Mapに表示してみよう


写真を撮ったらどんな風に整理しているだろうか? 自分は撮影日+場所をフォルダ名にして、その中に画像ファイルを入れている。これで日にちと場所がわかる。
これに加えて個別のファイルの撮影場所がわかったら便利ではないだろうか? ましてやベストショットなら尚更だ。

デジタルカメラはExif情報によって撮影時間やカメラの設定情報がわかる。
ニコンにはホットシューに取り付けるGPSロガー(GP-1)があって撮影するとExifデータにGPSの位置情報が記録されるようにできる。 ソニーには撮影済みカードをセットするとGPSデータをExifに付加してくれるGPSロガー(GPS-CS3K)がある。 また最近ではコンパクトデジタルカメラや携帯電話にGPSが内蔵されているものもある。
これらのJPGデータには位置情報が記録されているのでGooglemapに位置と写真を表示されることができるわけだ。



撮影場所が赤いポイントになっている。クリックすると写真が表示される。(これは画面をキャプチャーしたものです)

便利な機能なのだが問題もある。
ニコンGP-1の場合は使える機種が限られていることがネックで、GPSのためだけにニコンの特定の機種を買うというのも現実的ではない。
ソニーGPS-CS3Kの場合はカードコピーに時間がかかることで、出先で作業をするとバッテリーも持たないだろう。
そこで、一般に市販されている登山やサイクリングで使われているGPSロガーを使うのが安上がりでカメラを選ばない最善の方法だとおもう。 安いものは3000円台からあって性能も悪くない。
というわけで機種に関しては使い勝手で選べばいいと思う。自分はRoyalTec RGM-3800というモデルをGPSDGPS.COMというサイトで購入した。


購入ポイントは単4電池で10時間以上作動ということなのだが、いろいろ他のGPSロガーを調べてみるとわかるが専用バッテリーだったり作動時間が短かったりするので注意が必要だ。 作動時間に関してはログ間隔を長めにとれば長時間作動が可能でFuzhou Victory TechnologyのV-900というモデルでは最大30日もログを記録し続ける。
RGM-3800はUSB接続なのだがマスストレージではなく専用ソフトからの取り込みというのが将来的には不安なところか。買い換えるならマスストレージにしようと思う。
で、GPSDGPS.COMを見ればわかるがGPSロガーはほとんど海外のメーカーだ。
実は、GPSロガーは欧米のアウトドアで盛んに利用され機種も豊富で性能もいい海外のメーカーが普及している。 つい、ソニー製が家電量販店で買えるしいいんじゃないかと思うかもしれないが性能のよい台湾製チップを採用したものがよい。 何でこんなことを書くかというと最初にソニーGPS-CS1を買ったところ感度が悪く実用にならないと判断したからだ。

それはさておき、運用で重要なことはカメラの時刻を正確に合わせること、電源を現地で入れ忘れないようにすることだ。 現地ではクルマに置き忘れたりしないようにカメラバックに付けておくか自身に身につけておくといい。 GPS衛星は20km上空にあるわけだからポケットなどに入れず常に受信部が天空を向いていることが望ましい。 一番いいのは一眼レフのホットシューの位置で、ニコンはこの特等席にあるので理想的だ。 Bilora Photo GeotaggerのGT-01はニコンGP-1とは違いExifに付加することはできないがホットシューに取り付け可能な機種だ。
(追記:この記事の後に出たSONY α55はGPS内蔵の理想的な一眼カメラなのだが、なぜか衛星の補足に時間がかかり実用的ではなかった。 また、衛星を補足できないと前回の位置情報を記録してしまうという謎仕様なのも使えない理由だ。)

さて、地図と画像のマッチングなのだがGPSロガーに付属のソフトでもいいのだが、 自分はフリーのtrk2googlemaps & kmlというソフトを使っている。 操作が簡単でそこそこ編集もでき、WEBにアップできるようにHTMLファイルを出力してくれるからだ。 JPGとログファイルをドラッグするだけで完成だ。



作例ではきれいなルート(赤い線)が描かれているが、実際はロケーションによってポイントがばらつく。
そこでばらついたポイントを削除することでルートをすっきりさせる。 ログデータはテキストエディタ(メモ帳など)で開くので、ここで要らない行を削除するわけだ。



また、カメラの時間がずれていた場合は修正ができる。場所がずれていた場合は正しい場所をダブルクリックすれば移動できる。



駆け足で説明してきたが、概要は理解できたのではないだろうか。
一度使えば便利だし、旅の思い出にもなる。 ログファイルさえあれば同行した仲間の写真も利用できるので1台あれば重宝すると思う。

追記:最近は、デジタルカメラでもEXIFはもちろん、単体でログデータを記録できるものも増えてきた。
もちろん、上記のような使い方ができる。 ただし、注意が必要なのは、例えばペンタックスWG-1のKMLファイルのように途中の時間データを記録しない形式で、このまま使うとすべて終了時間の位置に写真がFIXしてしまう。 トラックデータのみを利用するならこれでもいいが、写真に位置データを付加する場合は使えないということになる。
標準的なGPXなどのファイル形式が望ましい。買うときは注意が必要だ。
また、スマートフォンのアプリでもログデータを取ってくれるものが色々出ているので、これらを使うのも手だ。
スマートフォンのメリットは操作がしやすいこと、衛星のキャッチが早いこと、ログデータをすぐに地図で確認できる、またそのままナビゲーションできるなど、メリットは多い。逆に、色々できる反面、バッテリーの消費が心配だ。
実は、Windows Mobileの時に試したことがあるのだが、バッテリーの消費がものすごく、とても実用にはならないと思っていたのだが、 最近のAndroid用アプリ「山旅ロガー」ではバッテリーの消費が少なく半日程度であればバッテリーの交換も必要なく、 なんとか使えそうだ。心配なら、モバイルバッテリーや予備バッテリーを用意すれば安心だろう。

【ギャラリーとマップ】
YOKOSUKAマップ
川越散策マップ
autumn colorマップ
さいはてマップ
春よマップ
青梅散策 マップ
西沢渓谷 秋マップ
昇仙峡 秋マップ
真鶴小田原散策 マップ


HOME