雨の物語

目黒界隈を花見をかねて散策してみた。
時期的には桜は見頃を過ぎてしまい天気はあいにくの雨、カメラはシンプルにα7SにE20mm F2.8とした。
このレンズ、APS-C用でα7Sに取り付けるとクロップされ(換算30mm)、画素数は510万画素になるのだが、そもそもEOS D30など300万画素だったのだから特に不満はない。
周辺減光はこのレンズ固有のもので加工はしていない。なかなか良い味である。
個別にレタッチはしているが01,10は軽くHDR風でメリハリを付けた、04はモノクロ、17-20は一部色を残してモノクロ化した。 08-11はWBを蛍光灯に、12-22はカメラ内でヴィヴィッド&コントラスト最大にしてみたもの。しっとりした名残の桜とその街の雰囲気をを感じてもらえたらと思う。
で、この撮影で単焦点の広角スナップも面白いなということでRICOH GRを買ってしまった。 α7Sには新型FE28mmを付ける予定なのだが焦点距離被りまくりである(苦笑)
最後の2枚(21,22)は目黒の後、飲みに行った有楽町なのだが、こっそり混ぜてみた(笑)

【参考】過去に目黒に行ったときのギャラリー、この時は50mmで撮っていた。
目黒界隈 http://photo.image.coocan.jp/2008/meguro/(要Flash Player)

Gallery_a BBS
Gallery 2015